THE CRIMEA

Big In Japan

You won’t be able to read it, but here’s a review of the March 3rd London Barfly gig. I hope “ぜひ聴いてみて。” means “it fookin roxorz”. Not that it really matters…
Argh I can’t be bothered making stupid jokes anymore. HMV Japan. Tragedy Rocks release date. 13th September.
NY Billy Corgan gig. Review. “What it all added up to was unclear”. Damn straight. Unlike Andy’s new look. Ooo lack of jokes didn’t last long :o )
And the March 2005 issue of KRTU’s Sound Check magazine features a review of the LWOA EP.

The Crimea @ London Barfly: 3 March 2005

この日のGigは『Special Secret acts』ってことで数日ぎりぎり前まで誰が出るのか内緒でした。ふたを開けてみればThe Crimeaってことで行くこと決定。っても半分は写真が目的で行ったわけなんだけど。チケットも£5と格安だったし。

この日は最初にThe Duelsってバンドが出てたけど、到着したのが遅かったもんですっかり見逃し。2番目のThe Hollowaysっていうバンドから撮影開始しました。この人たちは今時良くある『クール』なものは持ってないけど、軽くのれる感じで聴きやすい。聴いててなんとな~くほんのちょっとRazorlightに音が似てる部分があるかな~とも思ったけど。彼らのオフィシャル探したけど無い模様。それと現在 Unsignedらしい。

The Crimeaは元々はThe Crockettsというバンドにいた人たちが結成。The Crockettsって名前は知ってるけど実はあんましどんなバンドなのかよく知らない私。オフィシャルサイトでは両バンド共取り扱ってるんで、興味のある方はBand Infoのページを読んでみてくださいな。

元々The Crimeaってラジオでかかった3曲くらいしか私は曲を知らないんで、1曲目はなんだか曲にあわせてしゃべるだけみたいな変な曲(ちなみにRapじゃないですよ)で始まったんで少々びっくり。こういう曲が中心だったら私は苦手かも~なんて思ってたら、この変な曲はこれ1曲のみでした(ほっ)。それにしてもただの新人バンドじゃないからGig自体すんごい上手い。それに別に飲んで踊って騒いでって感じのバンドじゃないし、NMEバンド的な『クール』さもないんだけど、どこか不思議な雰囲気をかもし出しててちょっとカリスマバンド的。それとVocalistのDaveyがすごい感情的な歌い方をするんで見ててもすごい引き込まれるし。ギタリストのAndyは最近バンドに参加したらしいけど、すごい写真栄えする(笑)。ギターの弾き方がとってもクールでした。私の好きな曲、『Baby Boom』は後半で演奏だったんだけど、なんだかぐっと心が捕まれちゃって耳がしっかり聴いてる分、目と手が留守になっちゃっててその間撮った写真はぜんぜんだめ(笑)。

最近『のりが良い』バンドが多い中、こういう暗くってカリスマ的なバンドってすごい新鮮に見える。試聴は彼らのレーベルのサイトのサイトに『Lottery Winners On Acid』のミニサイトがあるのですが、5曲聴けます。ぜひ聴いてみて。

Review from the CircuitFM blog.

Tragedy Rocks のHMVレビュー
HMVレコメンド

あのジョン・ピールも絶賛したUKニュー・カマーが遂にフル・アルバム・デビュー!!
「ジョン・ピール・セッション」で日本でも有名なBBCの名DJ、ジョン・ピールが昨年亡くなる直前に、このアルバムに収録されている「Lottery Winners On Acid」を「ここ数年の中で一番良い曲のひとつ」と評し、また「Baby Boom」が、BBCのRADIO1のファン投票でTOP10に入るなど、地元UKで既に高い評価を得ている5人組、THE CRIMEAがUSデビュー!!

(バイオグラフィー)
かつて「ザ・クロケッツ」という名前でV2からアルバムを発売し、日本でも高い評価を得ていたUKバンドが、THE CRIMEAとして新たにデビュー。昨年出演した「サウス・バイ・サウスウェスト」でのパフォーマンスが、ザ・フレーミング・リップス、マーキュリー・レヴ、ザ・ピクシーズなどと引き合いにされるほどの大きな評判を呼ぶ中、昨年秋に発表した 5曲入りEP『Lottery Winners On Acid』に続いて、フル・アルバムを発表。

Tragedy Rocks review from HMV Japan.

Corgan: tough to grasp, easy to embrace
June 30, 2005

The opening band, The Crimea, from London, was equally tough to pin down. The five-piece band played rugged ballads with evocative lyrics (“Someone’s been butchered, Lord/ Someone’s not coming back”), and singer Davey MacManus ended the set by screaming and falling to the floor. What it all added up to was unclear, but the band got a warm reception from an open-minded crowd.

NYNewsday.com.

Added to the The Crimea category/s. Follow responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

2 Responses to “Big In Japan”

  1. Denyer says:

    I think a reasonably idiomatic translation would be "try to hear them by any means necessary!"

    The HMV text mentions that John Peel really liked the band, was in a top 10 fan poll for Radio 1, etc.

  2. Christopher says:

    "Andyは最近バンドに参加したらしいけど"

    I think we can all saftely assume that says "Andy was once in popular 70′s band the Village People". Proof.

Leave a Reply